事例紹介1

卸売業と小売業の垂直統合

  • M&A

  • 承継元

    [会社名]
    T社
    [所在地]
    札幌市
    [業 種]
    眼鏡・補聴器・健康器具小売業
    [売上高]
    8,000万円
    [理 由]
    高齢経営者、後継者不在

    承継先

    [会社名]
    R社
    [所在地]
    東京都
    [業 種]
    美容・健康関連商品の通信販売及び百貨店等への卸販売
    [売上高]
    1億2,000万円
    [理 由]
    小売り分野への進出、北海道初進出

    事業承継までの経緯

    譲渡企業は従業員4名で札幌市内老舗百貨店のテナントとして30年余営業を続けてきたが社長は既に81歳になられご子息は家業を継ぐ意思は無く、M&Aを決意された(H26.11)が、規模が小さくM&A仲介業者は手を挙げてくれなかった。しかし仕入れ先(東京)の社長に相談した処、是非引き受けたいとのことでM&Aが動き始めた。譲受先が決まり、譲渡価格がほぼ合意を得て、譲渡日も決まったが今後、どう手続きを進めて良いかわからず、当センターに再度おみえになった。
    M&Aの手順を出来るだけ詳細に示し、課題を整理し書面にまとめて両社にお渡しした。
    その後、譲受先のご希望で幾つかの変更、修正を経て株式譲渡契約書、関係書類を専門士業家の支援を頂きながら契約書締結に漕ぎつけた。平成27年6月、譲渡代金の入金確認、株券、関係書類が手渡され完了した。


    事業承継側の利点

    1. 後継者不在問題解消
    2. 社員4名の雇用継続
    3. 固定客、取引先の不安解消

    事業譲り受け側の利点

    1. 小売り分野への初進出
    2. 優秀な人材(販売員)の確保
    3. 道内市場における販売拠点構築